デジタルゲームにアクセシビリティ機能を!

一切視力を使わずにデジタルゲームが遊べる機能があることをご存じでしょうか。
私たちが普段遊んでいるデジタルゲームも、ほんの少しの工夫で、視覚障害者や文字の読めないディスレクシアの方、日本語が堪能ではない外国の方が遊べるようになるのです。

合同会社ブラインドライターズは、エンターテイメントの世界にバリアフリーやユニバーサルデザインを浸透させていく取り組みを始めます。
そのひとつとして、デジタルゲームにアクセシビリティ機能の導入を提案していきます。

視覚障害者の人数は、
日本の視覚障害者人口 163万6千人 (日本眼科学会調査)

世界の視覚障害者人口 2億9千万人 (人口の4%、WHO統計)
このうち、中途で障害を抱える人が半数

ディスレクシアとは、言語能力には問題がないのに文字が読めない障害
日本では人口の5-8% 約630〜1008万人
欧米では人口の10-15% 約6000万~9000万人

文字を使わず音声で読み上げる(音声ガイド)、移動などは効果音を工夫するだけで、これらの人たちがゲームで遊ぶことができるのです。

█「Last Of Us Part II」というゲームでは、以下のような機能を装備
メニュー操作

・音声エンジンが内蔵されており、カーソルを移動するたびに、全てのメニュー項目を読み上げる

キャラクターの移動とアクション
・ストーリー進行に必要な場所に向かって自動で誘導
・ジャンプ、しゃがむ、話しかけるなどのアクションをとる場面では、専用の音が再生される
・周囲の状況を立体音響で確認できる
まったく視力を使わず、ゲームクリアが可能

欧米ではユニバーサルデザイン(UD)でないものを作ってはいけない、買ってもいけないという法律があり、アクセシブル、ユニバーサルデザインに対する理解がかなり進んでいます(リハビリテーション法第508条、European Accessibility Act (EAA))。これらに関する訴訟も増えてきました。

健常者にゲームが好きな人がたくさんいるように、視覚に障害があっても、ゲームを好きな人はたくさんいます。

より豊かな社会の

█ブラインドライターズとは
視覚に障害をもつメンバーを中心にした、文字起こし・原稿化・取材・執筆のプロフェッショナル集団

http://blindwriters.co.jp/
メンバーにゲームプレイヤーが複数所属しています。

投稿日:2021年4月1日
カテゴリー:BLOG タグ:  UD  ユニバーサルデザイン