世界中で実施されたゲーム依存に関する調査研究を、職場のメンタルヘルスの二次研究(メタ分析)を応用しデータベース化。ゲーム依存の要因分析を実施。

株式会社メタワークライフ(代表取締役:曽田祐司 本社:東京都中央区)は、TVやスマートフォンのゲームに没頭した状態を、エンゲージメントが高すぎる状態と仮定し、職場のメンタルヘルスのアセスメント開発のノウハウから、ゲーム依存になり易い傾向などの因子関係を分析するデータベース構築と、因子間の相関関係の研究を行った。

株式会社メタワークライフ(以下、メタワークライフ)は、世界中約30ヵ国で実施されたゲーム依存に関する調査研究データを収集の上データベース化しました。収集した研究論文のデータは1万5千件を超え、その中から二次研究(メタ分析)可能なものとして、研究論文が約500件、調査データ群としては約1,300件、有効なデータ総数は約25万件をリストアップしています。

このデータベースは、メタワークライフの取締役でもある米国ミズーリ州立大学経営学部准教授のD.ゴーリン博士を中心に進められている職場のメンタルヘルスのメタ分析手法を応用し、立命館大学ゲーム研究センター(以下、RCGS)との共同研究において構築されています。

これを基に、RCGSに蓄積されている幅広いゲーム研究の知見と、メタワークライフが持つ職場のメンタルヘルスの⼆次研究(メタアナリシス構造⽅程式)のノウハウを総合することで、ゲーム依存の発⽣要因の因⼦に関する研究を進めています。二次研究は、一般的な一次研究に比べエビデンスの信頼性が高いことが期待できる分析となります。既に、幾つかの因子に関する相関関係の分析結果が出ており、今後、関連する各学会等で発表予定です。

更に、メタワークライフでは、職場のメンタルヘルスの改善や、チームの生産性向上に有効なエンゲージメントコントロールの視点から、ゲームに没頭している状態をエンゲージメントが強く働いている状態とし、そのエンゲージメントを一旦切る(ディス・エンゲージメント)ことや、再びエンゲージメントを高めることをコントロールすることで、正常状態に戻すことが出来ると仮定して予防策の研究を進めています。

メタワークライフでは、今回のデータベース構築と研究のベースとなったメタ分析手法で開発された職場のメンタルヘルスのアセスメント「ワークリフォームサーベイ」を展開しております。このアセスメントでは、昨今話題となっているワーク・エンゲージメントや心理的安全性の現状分析だけでなく、それらの現状の原因を詳細分析し、適切なアドバイスやBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)との連携などを提案することを特長としたサービスです。

【メタワークライフについて】

会社名:株式会社メタワークライフ
所在地:東京都中央区八丁堀4-2-8-1002
代表者:曽田 祐司
設 立:2018年2月
U R L :http://www.metaworklife.com
事業内容:人事データ分析およびメンタルヘルス改善などの精神保健分野におけるサービス提供と
それに伴う研究開発、その他

【立命館大学ゲーム研究センターについて】

機関名:立命館大学ゲーム研究センター
所在地:京都市北区等持院北町56-1
URL:https://www.rcgs.jp
研究センターによる本件の発表:https://www.rcgs.jp/?p=1456

投稿日:2021年3月29日
カテゴリー:BLOG タグ:  ゲーム依存