支給金付き!mediable(メディアブル)が『サブスク動画挑戦者』を募集開始

株式会社TRIVE GROUP(本社:東京都渋谷区、代表取締役:籔本 崇、以下TRIVE GROUP)が運営する、動画クリエイター向けサブスク型クラウドファンディング「mediable(メディアブル)」は、2021年6月1日に「サブスク動画挑戦者」を募集開始致しました。

報酬を受け取りながらサブスク動画に挑戦できるプログラムです。

サブスクモデルでは収益が徐々に積み重なり安定収益となっていきますが、生活していける金額になるまでの一定の期間が必要なことが多く、挫折してしまうクリエイターが少なくありません。
そこで、mediable運営から支給金を受け取りながら生活に困らずにサブスク動画への挑戦に集中できるように「サブスク動画挑戦者」プログラムを開始いたしました。

自らの”クリエイター視点”を活かしてサブスク動画に挑戦し、
”サブスク動画で生きていく”いう新しい当たり前を一緒につくっていきましょう。

 

  • 開始にあたる背景と想い

mediable(メディアブル)は、サブスクリプションで限定動画コンテンツやコミュニティにアクセスできるサービスです。好きなことややりたいことに向かって活動をされている動画クリエイターのにとってやさしい場所づくりを進めています。

コロナにより、チャンネル登録者数千人〜数十万のYouTuber等を中心に動画クリエイターの多くは、ファンからのサブスク収益が積み上がっていくサブスク動画プラットフォームへ移行し始めました。mediable(メディアブル)では、チャンネル開設からわずか3ヶ月でサブスク会員が400名を突破したチャンネルも生まれています。

私たちは、YouTube(ユーチューブ)を筆頭に、これまで主流だった検索やSNSの表示アルゴリズムによって注目を浴びて広告収益で稼ぐ「アテンション・エコノミー」を脱し、これからは個人が自らのファンとつながりサブスクリプションで生きていく「クリエイター・エコノミー」が当たり前になると信じています。

そんなmediableチームと一緒に、自らの”クリエイター視点”を活かしてサブスク動画に挑戦し、”サブスク動画で生きていく”いう新しい当たり前を一緒につくっていく『サブスク動画挑戦者』をを広く募集いたします。

やりたいことや目指していることに没頭されているクリエイターの皆様からのご応募をお待ちしております!

  • 支給金付き!『サブスク動画挑戦者』プログラムでサブスク動画クリエイターを応援

◎ご応募条件
ご自身がお持ちのSNSアカウント※において、下記条件がどれか一つでも当てはまり、7月末までにmediableで動画公開が可能な方なら、どなたでもご応募頂けます。

・YouTubeのch登録者数が1万人以上いる
・YouTubeで再生回数が10万回を超える動画を3つ以上ある

年齢・学歴・経歴などは一切不問です。
※フォロワー数、チャンネル登録者はいずれも「1アカウント」での数字となります。複数アカウントの合算などは対象外となりますので、ご了承ください。

◎募集人数について
3~5人程度

◎応募期間について
2021年6月30日(水)12時

◎支給金について
月10万円〜

他の動画プラットフォームの利用状況や、mediableへの動画の公開頻度、サブスク課金者数等に応じて金額を決めて支給いたします。

◎応募フロー
応募フォーム入力

運営との面談

活動開始!

◎応募方法
応募フォームに入力後、連絡用のline@にご登録のうえ、運営からの連絡をお待ちください。
https://forms.gle/6EMTtTzGXUaSVke68

※採用が決まり次第終了する場合がございます
※ご記入いただきました情報は面談にのみ使用いたします。

mediable(メディアブル)では、
・俳人が俳句の作り方を
・ゲーム好きがゲームの攻略法や裏技を
・マーケターが稼ぐ方法やビジネスノウハウを
・読書好きが本の要約・解説を
・プロリーグチームがファン向けに裏側の様子を
・ボイストレーナーがパーソナルレッスン動画を
・スポーツチームが練習風景を
・Vtuberが質疑応答ややってみた系動画を
・経営者が成功事例やノウハウを
・ミニマリストが収納術を
・芸能人がファン向けに特別な動画や裏側動画を
・大学院生がアカデミックに美容と健康に関する情報を
等々

あらゆるカテゴリで、自分のやりたいことや得意や好きなことを動画で自由に発信して、
コアファンとつながって独自の経済圏を継続的に持てる動画クリエイター向けサブスククラウドファンディングです。

『ひとりひとりがメディアとして活躍できる時代をつくる』  という想いを
”mediable” = “media” + “able” (~が可能・できるの意)
というサービス名に込めています。YouTube等の動画プラットフォームの規制強化やコンテンツ表示のアルゴリズム変更、心ないコメントによる誹謗中傷等の不安を払拭し、クリエイターの皆様が安心して創造性を発揮できる場所を創り出してまいります。

mediable(メディアブル):https://mediable.jp/

『ひとりひとりがメディアとして活躍できる時代をつくる』  という想いを

”mediable” = “media” + “able” (~が可能・できるの意)

というサービス名に込めました。

自分の「好き」や「やりたい」を動画にして  ファンから応援してもらえるコミュニテイをつくり、 メディアとして活躍できる仕組みを提供します。

株式会社TRIVE GROUP
https://trive-group.com/

投稿日:2021年6月1日
カテゴリー:BLOG タグ:  クラウドファンディング