東京eスポーツゲート株式会社が推進するSDGsへの取り組み

 東京タワーを拠点に、esports を軸としたエンタメ領域でリアル×デジタルがシンクロする事業を展開する東京 e スポーツゲート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:原 康雄 以下、TEG)は、持続的な社会の実現に貢献するとともに、企業としてさらなる成長を果たしていくことを目指し、サステナビリティビジョンを策定しました。
esports を軸に次世代のエンターテインメント施設の開発・運営や、デジタルプラットフォームを手がける TEG ならではの SDGs を追求し、この新たなカルチャーが人々と社会にとって「よりよく生きる」ことに寄与できるようなアクションを、一歩ずつ推進していきます。
※東京タワーの運営会社は(株)TOKYO TOWERとなります
■TEGのサステナビリティビジョン

esportsで、社会の未来をウェルネスに。

 

■トップメッセージ
TEGは、esportsの文化浸透と新体験の追求、社会や地球環境との共存をテーマとして、「社会の未来をウェルネスに」というビジョンのもと、次世代のエンターテインメント施設開発を、このコロナ禍において模索しながら推進しています。

今後もますます加速するであろう社会・環境の変化や人々の価値観の変化に寄り添いながら、いち早く課題をつかみ、その解決に寄与できるような当社ならではの取り組みを積み重ねていくことで、ステークホルダーの皆様からの信頼と期待に応えていきたいと考えています。

原 康雄

■東京eスポーツゲート株式会社について

 東京eスポーツゲート(TEG)は、TOKYO/JAPANのアイコンである東京タワーを拠点に、esportsを軸としたエンタメ領域でリアル×デジタルがシンクロする事業を展開し、国内のesports市場の拡大を牽引することを目指します。日本と世界、発見と熱狂をクロスオーバーさせながら、ライフスタイルを拡張する多様な体験を創出する新たな”GATE”となる、その想いを社名に込め2020年12月に設立いたしました。

■会社概要(東京eスポーツゲート株式会社)
会社名:東京eスポーツゲート株式会社(TOKYO ESPORTS GATE, Inc.)
代表取締役社長:原 康雄
所在地:東京都港区芝公園4-2-8 日本電波塔ビルディング4階
設立日:令和2年12月8日
資本金:2億5500万円(資本準備金含む)
事業内容:リアルプラットフォーム事業、デジタルプラットフォーム事業、イベント事業、
コンサルティング事業
公式サイト:https://tokyo-esports-gate.co.jp/

投稿日:2021年8月12日
カテゴリー:BLOG タグ:  SDGs