AJA 社、AI ドリブンな開発者向けのソリューション提供を目指し NVIDIA Jetson と CLARA AGX に対応

AJA は同社の Software Development Kit (SDK) が、最先端の AI 向けプラットフォーム NVIDIA Jetson と、NVIDIA Clara AGX 開発キットに対応すると発表しました。今回の NVIDIA との協業により、AJA の PCIe I/O ソリューション製品 KONA および Corvid を統合可能となります。
医療デバイス向けのリアルタイム人工知能 (AI) 処理、撮像、送出向けのシステムやデバイスの開発を実現し、医療 / 放送 / バーチャルプロダクションなど、さまざまな業界で応用可能な 8K および 4K ビデオ取り込み・再生システムを構築できます。

株式会社アスク (本社:東京都千代田区) は、同社が日本総代理店を務める AJA Video Systems 社の最新の製品情報を公開しました。

AJA Video Systems 社は本日、AJA Software Development Kit (SDK) が最先端の AI 向けプラットフォーム NVIDIA® Jetson™ と NVIDIA Clara AGX™ 開発キットに対応したと発表しました。今回の統合により、リアルタイム人工知能 (AI) 処理と医療デバイス向け画像処理が可能になります。

AJA SDK は、Jetson 最先端 AI プラットフォームと Clara AGX 開発キットの両方に対応します。OEM 開発者は、これらと AJA 製 PCIe I/O ソリューション製品 KONA および Corvid を直感的に統合でき、8K および 4K ビデオの取り込みや再生に対応する堅牢なリアルタイム AI、撮像、送出向けのシステムやデバイスを開発可能です。医療、放送、バーチャルプロダクションを始め、さまざまな業界で応用できます。

GPU アクセラレーションに対応する並列処理向けの AI コンピューティング・プラットフォーム Jetson は、強力な自律システム開発を実現します。NVIDIA Jetson AGX Xavier を基に構築されている Clara AGX は、AI 医療機器の開発に対応する AI コンピュータとソフトウェア開発プラットフォームを開発者に提供し、内視鏡から最先端の外科手術用のディスプレイまで、高度な画像・映像・信号処理機能を搭載した機器の開発を可能にします。

今回の AJA SDK の Jetson と Clara AGX への対応により、それらを利用する OEM 開発者は、AJA KONA 5、KONA HDMI、Corvid 44 12G を統合した、高信頼で高品質な UltraHD/HD を入出力できるソリューションを手軽に構築可能になります。今回の統合で AJA KONA 5、KONA HDMI、Corvid 44 12G に、NVIDIA GPUDirect® RDMA との互換性も備わります。

Clara AGX 開発者プラットフォームに搭載されている NVIDIA Quadro RTX™ に統合された GPUDirect RDMA GPU により、GPU と AJA I/O ソリューション間の直接接続によるデータ交換が可能になるため、低遅延かつ高速な処理が実現します。AJA は将来追加される AJA I/O ソリューションでも、Clara AGX と Jetson に対応予定です。

AJA 社の CTO、Bill Bowen 氏は次のように述べています。
「AI テクノロジーは、医療からメディア、エンターテインメントに至るまで、さまざまな業界でその技術革新が急速に進められており、AJA が模索している分野でもあります。NVIDIA との協業で、Jetson 最先端 AI プラットフォームや Clara AGX 開発キットと AJA SDK を統合できました。OEM 開発者は強固な開発基盤を構築でき、より素早く、簡単に、高解像度ビデオを扱う革新的な AI 画像処理や送出ソリューションを市場に投入可能になります。」

※ 当資料は、現地時間 2021 年 4 月 12 日にメーカー発表されたプレスリリースの抄訳版です。
メーカーリリース原文 : https://www.aja.com/news/top-stories/1005

<AJA KONA 5 について>
KONA 5 は非常に高速な I/O カードで、8K/UltraHD2、4K/UltraHD、2K/HD、SD、Deep Color、HDR のいずれに関する業務にも対応します。今日、最も必要とされているビデオとオーディオのワークフロー向けに設計された製品です。10-bit 4:2:2 と 12-bit 4:4:4 のカラースペースに対応し、12G/6G/3G-SDI と、フルサイズの HDMI 2.0 ポートを搭載したモニターで、インジェストおよび出力に対応する柔軟性を備えています。キャプチャーと同時にパススルーが行える双方向性の 12G-SDI ポートは、計り知れない柔軟性をもたらします。対応するソフトウェアを用いることで、マルチチャンネルのキャプチャーとストリーミングが行えます。KONA 5 は HDR ワークフロー向けに、ビデオペイロード ID (VPID) に対応しており、SDR/HDR の伝達特性、測色、輝度を SDI 経由で伝送できます。HDMI 2.0 経由でも HDR10、HDR 10 +、HLG、Dolby Vision など、豊かな色彩の伝送に対応しています。
KONA 5 製品ページ:www.aja-jp.com/products/kona/kona-5

<AJA KONA HDMI について>
KONA HDMI は高度な性能と柔軟性が詰め込まれた、プロ品質のマルチチャンネル HDMI キャプチャーカードです。KONA HDMI はゲーム、ストリーミング、ビジュアルジョッキー (VJ)、ライブイベントでのスイッチング、ビデオブログ (Vlog)、VR、ポストプロダクション、放送局など、さまざまなワークフローに応える設計がされています。最大 4K/UltraHD 60p のデュアルチャンネル、もしくは最大 2K/HD 60p の 4 チャンネルのキャプチャーと、HDR ビデオとメタデータのキャプチャーに対応できます。また KONA HDMI は、AJA SDK と Video for Linux® の両方に対応しており、マルチチャンネルでの HDMI インジェスト、スイッチング、モニタリング、伝送を開発者に提供します。
KONA HDMI 製品ページ:www.aja-jp.com/products/kona/kona-hdmi

<AJA Corvid 44 12G について>
Corvid 44 12G は AJA のコンパクトな 8 レーン PCIe 3.0 I/O カードで、双方向の 12G-SDI HD-BNC 接続を 4 系統備えています。今日、最も必要とされるビデオとオーディオのワークフロー向けに設計されています。Corvid 44 12G にはいくつかの異なるモデルが用意されています。冷却機構はファンレスもしくはファン冷却を選択でき、ロープロファイルまたはフルハイトのフォームファクターで利用できます。
AJA OEM ソリューションページ:www.aja-jp.com/solutions/oem

<AJA Video Systems について>
AJA Video 社はビデオインターフェイス技術や、変換、デジタルビデオレコーディング、プロ用カメラ向けのソリューションを提供する大手メーカーで、1993 年の創業以来、プロフェッショナルな放送、ポストプロダクション業界に向けて高品質で費用対効果の高い製品を供給しています。AJA 製品の設計・製造はカリフォルニア州グラスバレーにある自社の施設内で行われ、世界中のリセラーやシステム インテグレーターを通じて広範囲なチャネルに販売されています。詳細については、同社のウェブサイトをご覧ください。
• ウェブサイト : https://www.aja.com/
• ウェブサイト [日本語] : https://www.aja-jp.com/

<株式会社アスク 概要>
株式会社アスクは、目的に応じたソリューションとサービスを提供する総合商社です。主に米国、ヨーロッパ、台湾、韓国などの最先端かつユニークな製品を皆様に紹介・提供。取り扱い製品はコンピュータ周辺機器、携帯電話周辺機器、サーバ・ストレージ関連機器、業務用映像機器と多岐にわたり、Advanced Micro Devices, Inc.(AMD), AJA Video Systems, ASUSTeK Computer, ASRock, ATTO Technology, AVerMedia, CORSAIR, Cooler Master, Crucial, ELSA JAPAN, HTC VIVE, Micro-Star International(MSI), Micron, NVIDIA, NewTek, Synology, SAPPHIRE TECHNOLOGY, Supermicro, Tripp Lite(旧Keyspan), Thermaltake, ZOTAC Technology Limited など多数の海外メーカーの代理店をしております。
URL:https://www.ask-corp.jp/

投稿日:2021年4月15日
カテゴリー:BLOG タグ:  データドリブン