AppsFlyer、モバイル広告のメディアソースランキング「パフォーマンスインデックス」第12版(2020年下半期)を発表

 モバイル広告効果計測プラットフォームとマーケティングアナリティクスを提供するAppsFlyer Japan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:オーレン・カニエル、カントリーマネジャー:大坪直哉、以下AppsFlyer)は本日、2020年下半期(7〜12月)の世界におけるモバイル広告のメディアソースランキング「パフォーマンスインデックス(以下、インデックス)」第12版を発表いたしました。本インデックスは、当社が年2回発行しているモバイル広告業界に関する最新の調査レポートです

*パフォーマンスインデックス 第12版(2020年下半期)完全版:
https://www.appsflyer.com/jp/performance-index/

 

サマリー

 

●Appleが発表したATTフレームワーク導入を前に、プライバシー意識とともに消費者の行動にも大きな変化
●2大メディアの存在感は変わらず GoogleはAndroidで、FacebookはiOSでパフォーマンスを向上
●成長著しいゲーム部門では、Unity Adsが強力なライバルironSourceとAppLovinを抑えトップに

 本インデックスは、世界各地における580のメディアソース、290億件のアプリインストール、1万6000個以上のアプリ、および600億回のアプリ起動データを収集・分析することで調査しています。2020年下半期の活動を調査した今回は、リテンション率、アプリ内購入の収益、アプリ内広告の収益、グロース(成長率)、リマーケティング(ユーザー獲得の質)の5つの項目において、地域別・アプリストアに基づくアプリカテゴリ別・OS別に詳細に分析しています。さらに各項目で、広告が配信される基盤の大きさを表すボリュームランキング、ボリュームランキングと広告効果を合わせたパワーランキングの2つのランキングを作成しています。

 ビジネスにおけるモバイルの利活用が進行する中、個人のプライバシーに対する配慮の重要性が世界的に高まっています。Appleが2021年よりユーザーの個人情報保護を目的としたフレームワーク”ATT(App Tracking Transparency)”の導入を決定し、広告識別IDであるIDFAの取得に制限をかけるのと同時に、新たにプライバシーに配慮した計測ツール”SKAdNetwork”を発表。2021年以降、日本における広告ビジネスは大きな転換点を迎えます。2020年下半期を分析した本インデックスでは、そうした影響を多分に受けた、マーケターにとって特に注目のトピックスとなっています。

パフォーマンスインデックス詳細

(1)Appleが発表したATTフレームワーク導入を前に、プライバシー意識とともに消費者の行動にも大きな変化

 本インデックスでは、すでにAppleの一連の影響が垣間見えており、その一例がiOSにおける非オーガニックインストールの割合です。2020年上半期と比べ、iOS上でキャンペーンを実行しているアプリの数やオーガニックインストールの割合に変化がなかったにもかかわらず、iOSにおける非オーガニックインストールの割合は20%も減少しました。同時期のAndroidでは非オーガニックインストールの割合が6%増加していることを考えると、非常に対照的な変化です。

 iOSで非オーガニックインストールの割合が大きく減少した主な要因としては、コロナ禍を受け企業によるモバイルアプリのキャンペーン需要が急増していた一方で、プライバシー重視の観点から追跡型広告制限(LAT:Limit Ad Tracking)の設定を有効にするユーザーも増え広告のターゲットの母数が減少したことにより、iOSにおいてインストールあたりのコスト(CPI)が30%高騰したことが挙げられます。2020年はあらゆる市場でデジタル化が進み、すでにビジネス展開を進めていた既存のアプリ事業者が投資を拡大したことに加え、数々の老舗ブランドがモバイルアプリに参入。iOSユーザーが多く見られる北米や西ヨーロッパ、日本において広告の需要が急増しました。さらにLAT端末が上半期の23%から下半期32%に増加したことも受け、Androidでは10%増にとどまったCPIがiOSで急騰し、同じ広告費をかけているにもかかわらずインストール数は低下する事態となりました。
 その結果、上位20のメディアソースのうち17以上のメディアソースが、上半期と比べてiOSのインストール数が平均25%減少しており、iOSに依存しているメディアソースほどその影響は大きいものとなりました。

(2)2大メディアの存在感は変わらず GoogleはAndroidで、FacebookはiOSでパフォーマンスを向上

 本インデックスにおいて常に上位をキープしてきた、モバイルアプリマーケティングの大手2社であるGoogleとFacebookの戦いにおいては、まずリテンションインデックスのパワーランキングでGoogleがFacebookとの差を広げる結果となりました。スコアでは前回の第11版(2020年上半期)で69(Google):68(Facebook)だったのに対し、今回の第12版(2020年下半期)では69:64となりました。

 Googleは、特にインドや発展途上国といった地域におけるAndroidの継続的な成長により、グローバル全体の非オーガニックインストールが15%上昇。一方で、北米と西ヨーロッパの地域ではAndroid、iOS合わせて大きな変化がありませんでした。Facebookは、iOSのボリューム全体が減少したことを受けてグローバル全体の非オーガニックインストールも10%低下したものの、継続してiOSにおけるパワー・ボリュームランキングでトップを維持し、パフォーマンスを向上させました。さらにFacebookは、アプリ内課金による収益化に強いメディアソースを順位付けするIAP(アプリ内課金)インデックスでも、大規模かつ高い割合で重課金ユーザーを獲得できることを証明しています。リマーケティングインデックスでもFacebookが優勢であるものの、Googleも目覚ましい成長を見せており、2020年下半期は、コンバージョンにおけるリマーケティングの割合が65%まで伸びました。

(3)成長著しいゲーム部門では、Unity Adsが強力なライバルironSourceとAppLovinを抑えトップに

 近年、カテゴリそのものの成長が著しい注目のゲーム部門では、Unity Adsが競合であるironSourceとAppLovinを抑え、GoogleとFacebookの二大勢力と肩を並べるなど、その力を見せつけました。
 カテゴリ別に見ると、Unity Adsはゲームカテゴリーのリテンションインデックスにおいて、Facebookを抑えてGoogleに次ぐ世界2位にランクイン。さらに、ハイパーカジュアル、アーケード、パズル、ワードの4つのカテゴリでパワーランキング世界1位を獲得。アプリ内広告による収益化に強いメディアソースを順位付けするIAA(アプリ内広告)インデックスでは、パワーランキングとボリュームランキングの両方で1位となりました。
 Unity Adsが大躍進した背景には、アプリ内広告が主な収益源であるハイパーカジュアルのカテゴリにおいてパワーランキング世界1位を獲得し、強いポジションを維持していることが大きく影響しています。

 

パフォーマンスインデックス 第12版(2020年下半期)の詳細はこちらよりご覧ください。
※メールアドレス入力のみで登録手続等は必要ございません
https://www.appsflyer.com/jp/performance-index/

 

AppsFlyer 最高顧客責任者(CCO) ジヴ・ペレド(Ziv Peled)のコメント

 「この一年間で広告業界が大きく変化したことを考えると、パフォーマンスインデックスにその動向が反映されるだろうと予測していました。このトレンドの変化に適応しなければならないこと、またこの変化の中で正しい方向に導いてくれる適切な広告効果計測パートナーを選ばなければならないことを、広告主は十分に理解しています。企業はユーザーに対して完璧なユーザーエクスペリエンスを提供するとともに、最高レベルのプライバシー保護に取り組む準備をする必要があります。」

 

AppsFlyer Japan カントリーマネージャー 大坪 直哉のコメント

 

 「今回のパフォーマンスインデックスは、間違いなくコロナ禍の影響を受けたものになると想定していましたが、それに加えユーザーのプライバシー意識の高まりが垣間見えたことは、Apple社のATTが発表された後の世界を示唆するものと考えられ、大変興味深い内容となっています。広告主企業の皆様は、ユーザーのプライバシー意識の変化に注意しながら、ビジネス目標の達成とプライバシー保護の実現を共に叶えることのできるメディアソースを選定することがより重要になってくると思われます。このパフォーマンスインデックス12はそのメディア選定作業において、間違いなく道標となるものです。ぜひご活用いただけますと幸いです。」

 

AppsFlyer Japan株式会社

 

 AppsFlyerは、アトリビューションとマーケティング分析のグローバルリーディングカンパニーです。マーケティングビジネスの成長を支援しイノベーションをもたらす包括的な広告効果計測および分析ソリューションを提供しています。AppsFlyerは、Macy’s、Minecraft、Nike、NBC Universal、Tencent、US Bank、Wayfair、StitchFix、docomo、RECRUIT、VISA、JAPAN AIRLINESなどの大手ブランドを含む何千もの顧客と連携しています。8,000社以上のパートナーからなるAppsFlyerのマーケットプレイスには、Facebook、Google、Apple Search Ads、Twitter、TikTok Ads、Pinterest、Snap、Salesforce、Adobe、Oracleなどが含まれています。AppsFlyerは先日、フォーブスの2020年クラウド100リストに2年連続で選出されました。
既存の投資家には、General Atlantic、Goldman Sachs Growth Equity、DTCP(Deutsche Telekom Capital Partners)、Qumra Capital、Pitango Venture Capital、Magma Venture Partners、Eight Roads Venturesが含まれます。
https://www.appsflyer.com/jp/
 

 

 

 

 

 

 

投稿日:2021年3月31日
カテゴリー:BLOG タグ:  広告