HTC VIVEは、2つの新しいVRヘッドセットとプロツール専用SUITEでビジネスを次のレベルに引き上げます!

ハイライト:
– HTC VIVE Pro 2:シャープ、精細、没入- 他に類を見ないPC VR
– HTC VIVE Focus 3:ビジネスVRの新時代 – パワフルで用途の広いオールインワン
– 両ヘッドセットでともに5K解像度、120°の視野角、リアルRGBサブピクセル
– VIVE Pro 2 HMD は5月12日限定予約販売、VIVE Pro 2 HMD、VIVE Focus 3ともに6月下旬発売予定
– VIVE Business:あらゆる規模の企業向けに特別に設計された一連の新しいツール

 

  • VIVECON 2021 – 米国、ニューヨーク、2021年5月11日

プレミアムバーチャルリアリティ(VR)のグローバルリーダーであるHTC VIVEは本日、HTCのグローバルVRカンファレンスであるVIVECON 2021で、2つの新VRヘッドセットを発表します。この2機種は、5Kの解像度と120度の視野角を標準としており、新たなビジネスおよび一般向けのVRの新しいベンチマークとなるでしょう。

VIVE Pro 2はPC VRの限界を押し広げ、驚異的なゲーム、制作、体験を実現します。VIVE Focus 3は、妥協のない専用のオールインワンでビジネスVRを再定義します。 HTCはまた、VRを最大限に活用するためにあらゆる規模のビジネスをサポートするように設計された包括的なツールであるVIVE Businessを発表します。

HTCの会長兼CEOであるCher Wangは次のように述べています。「本日の発表は、最高の没入型体験を生み出すための戦略における主要なマイルストーンとなります。私たちは、有名なグローバル企業から中小企業やプロのユーザーまで、お客様の声に耳を傾け、直面する課題に可能な限りスムーズかつ効果的に対応するため、これらのプレミアムヘッドセットをゼロから設計し、プロフェッショナルレベルのソフトウェア、プラットフォーム、サービスを追加して実装しました。私たちの使命に沿って、最新のテクノロジーとお客様のニーズと願望を組み合わせ、お客様の想像力を解き放ち、人々の生活を改善し、ビジネスと社会の問題を解決できるようにしました。」

Cher Wangは続けて次のようにも述べています。「昨年来、バーチャルワールドが主流となってきて、世界中の人々が家を離れることなく私たちに参加できるようになったことは、明確なデモンストレーションとなりました。この良いニュースを最初のグローバルVIVECONイベントで共有できることをうれしく思います。VIVEはこのニューノーマルで、より持続可能な世界を作りながら、人々を近づける上でより大きな役割を果たしています。」

  • VIVECON Japan 2021 – 日本時間、2021年6月11日~12日

日本でも、法人様向けおよび開発者様・一般消費者様向けにバーチャル新製品発表会 VIVECON Japan 2021 を6月11日~6月12日の2日間、開催する予定です。VIVECON Japan 2021では、グローバルで発表する内容に加え、日本のパートナー様に実際にソフト開発して頂いた上でのフィードバックを含め様々な意見交換をして頂くパネルディスカッションや、2日目にはSDKのご紹介やVTuberのライブショーなども予定しております。グローバルイベントのVIVECON 2021では十分に明らかになっていなかった情報も含めすべてを明らかにしますので、是非お見逃しなきよう、ご参加よろしくお願いいたします。詳細情報に関しては、別途リリースいたします。

  • VIVE Pro 2 – シャープ・精細・没入

 

VIVE Pro 2はPC VRを次のレベルに引き上げ、ピクセルとポリゴンが重要となるようなハイエンドゲームや実現できないものを制作することを可能にします。

見事な5K解像度のディスプレイは、美しく滑らかな120 Hzのリフレッシュレートと、リアルRGBサブピクセルを備えた高速スイッチングパネルを組み合わせて、両目それぞれに2.5Kを提供し、非常にクリアで非常に滑らかなアニメーションを実現します。VIVE Pro 2の新しい特注のデュアルスタックレンズ設計により視野角が120°に拡大します。これらの進歩は、モーションブレが最小限に抑えられ、「スクリーンドア現象」が仮想的に軽減しされ、人々により自然で没入型の体験を提供することを意味します。

HTC VIVEは、NVIDIAおよびAMDとも緊密に連携して、VRヘッドセットで初めてディスプレイストリーム圧縮を利用しました。ディスプレイストリーム圧縮は、最高の視覚品質を保証し、DisplayPort 1.2との下位互換性もあるため、VIVE Pro用グラフィックカードでもVIVE Pro 2でメリットが得られます。

VIVE Pro 2は、微調整可能な瞳孔間距離(IPD)、均等に分散された重量バランス、調整可能なヘッドストラップ、および迅速に調整可能なIPDダイヤルを備えています。あなたの個人的な好みを見つけたり、他の人と体験を共有したりするのに最適です。 VIVE Pro 2は、Hi-Res 認証を取得したいるヘッドフォンを使用した3D空間サウンドを備えており、サードパーティのヘッドフォンをサポートしています。

すべてのVIVE SteamVRエコシステムアクセサリたとえば、全世代のVIVEトラッカー、新しいVIVEフェイシャルトラッカーなどは、VIVE Pro 2で動作します。 VIVE Pro 2は、Base Station 1.0またはBase Station 2.0、VIVEワイヤレスアダプター(日本では未販売)、VIVEコントローラー、さらにはVALVE INDEX ”knuckle” コントローラーなどのコントローラーやグローブなど、既存のSteamVRセットアップで動作します。

既存のシステムからのアップグレード用VIVE Pro 2 HMD単体のみの予約注文を、日本時間5月12日の午前10時から受け付けます。VIVE Pro 2 HMD単体の販売は6月下旬を予定しており、Base Station 2.0とVIVEコントローラーを含むVIVE Pro 2 フルセットは8月頃を予定しています。VIVE Pro 2 HMD単体の希望小売価格は、103,400円(税込)、VIVE Pro 2フルセットは178,990円(税込)となります。

■ 製品名:VIVE Pro 2 HMD
■ 型番:99HASW007-00
■ 希望小売価格:JPY103,400(税込)
■ 予約販売:5/12(水)VIVEオフィシャルECサイト、5/19(水)VIVE正規販売店
※予約は限定数となりますので、限定数に達した時点で終了とさせて頂きます。
■ 発売日:6月下旬予定
■ 製品詳細WEB:https://www.vive.com/jp/product/vive-pro2/overview/

 

  • VIVE Focus 3 – ビジネスVRの新時代

 

新しいオールインワンタイプのVIVE Focus 3は、優れたビジュアルと、よりスマートな人間工学に基づいたデザイン、優れたオーディオ、次のレベルのインサイドアウトトラッキングとコントローラーを搭載したビジネスVRの究極のソリューションです。

VIVE Focus 3は、プレミアム品質のQualcomm® Snapdragon™ XR2プラットフォームを搭載しており、Qualcomm® Snapdragon™ 835 Mobile XR Platformを搭載したオリジナルモデルVIVE Focusと比較して、CPUとGPUのパフォーマンスが2倍、AI処理が11倍と驚異的なパフォーマンスの向上を実現しています。

VIVE Focus 3は、クラスをリードするデュアル2.5Kディスプレイを備えた5K解像度、スムーズな90Hzのリフレッシュレート、120°の超広視野角を備えており、卓越した没入感を実現します。ファストスイッチングディスプレイパネルは、リアルRGBサブピクセルを使用し、スクリーンドアの影響を実質的に排除します。新しいビジュアルは、テキスト文字や全体的な忠実度など、細部が劇的に明細になり、ソフトウェアの設計とユーザーの操作がより自然に表現できます。

VIVE Focus 3は、新しいストラップデザイン、バランスの取れた重量配分、および交換可能なインテリジェントに設計されたカーブバッテリーパックにより、優れた快適性を提供します。 VIVE Focus 3のバッテリーパックは数秒で交換できるため、ノンストップでプレイし続けることができます。急速充電では、わずか30分の充電で50%のバッテリー充電を可能にし、LEDインジケーターで残りの電力量を確認できます。

耐久性と軽量性を備えたVIVE Focus 3のマグネシウム合金フレームは、従来のプラスチックよりも20%軽量で、500%強力です。 VIVE Focus 3は、広範囲で微調整可能な瞳孔間距離 (IPD) 範囲に加えて、クイックリリースボタンや、簡単に取り外し可能なマグネティックなフロント及びリアガスケットを備えているため、特にさまざまな多くのユーザーにご利用して頂くようなシーンでは、交換や清掃がすばやく簡単に行え、非常に清潔で便利です。

VIVE Focus 3には、デュアルドライバーをペアで備えた新しいオープンバックスピーカーが搭載されており、没入型でリアルなオーディオを提供します。接触がないため、ユーザーはVRに没頭しながらも、まわりの音や声に注意を払うことができます。 VR会議などでは、安心のために特別なオーディオプライバシー設定により、近くの人が鳴っている音を聞くリスクが大幅に軽減されるようになっています。

VIVE Focus 3は、AIを利用したインサイドアウト方式のトラッキングアルゴリズムを使用して正確なトラッキングを行い、すべてのトラッキングデータが暗号化された形式でヘッドセットに保存されるため、プライバシーの観点にも注力してあります。再設計されたコントローラーは、簡単で直感的に使用できます。市場で最も軽量な6DoFコントローラーの1つで、1回の充電で15時間持続します。ハンドトラッキングのサポートは、将来リリースされる予定です。

VIVE Focus 3は、特別に最適化されたQualcomm Snapdragon XR2プラットフォームで動作しており、銅製のヒートパイプと冷却ファンを組み合わせているため、長時間使用しているような状態でも冷却することによりパフォーマンスを維持します。より合理化されたプロフェッショナルな環境を提供するまったく新しいVIVE Reality System 2.0を搭載した、VIVE Focus 3は、2021年6月下旬に発売を予定しています。 VIVE Focus 3の詳細については、vive.com/vive-focus3をご覧ください。VIVE Focus 3の希望小売価格は、130,900円(税込)となります。

■ 製品名:VIVE Focus 3
■ 型番:99HASY000-00
■ 希望小売価格:JPY130,900(税込)
■ 予約販売:6月11日(金)VIVEオフィシャルECサイト及びVIVE正規販売店
※予約は限定数となりますので、限定数に達した時点で終了とさせて頂きます。
■ 発売日:6月下旬予定
■ 製品詳細WEB:https://www.vive.com/jp/product/vive-focus3/overview/

 

  • VIVE Business​

VIVE Businessは、ソフトウェアとサービスのパーフェクトソリューションであり、XRを最大限に活用しようとしている企業のニーズをサポートします。組織の規模に関係なく、VIVE Businessはスケーラブルで安全であるため、導入、メンテナンス、リモートサポート、トレーニングなどのニーズにお応えします。

VIVE Businessデバイスマネジメントシステムはシンプルで直感的なMDMであり、ISO認定を取得しているため、IT部門は、ネットワーク上の各VIVE Focus 3のステータスをすばやく簡単に確認したり、新しいビジネスアプリをリモートでインストールしたり、ソフトウェアを更新したりできます。 VIVE Focus 3は、Android Enterprise MDMで動作するように設計されているため、すでにご利用されている既存のMDMソリューションや環境に組み込むこともできます。

一般消費者向けVIVEPORTストアの成功に基づいて構築されたVIVE Business AppStoreは、トレーニング、コミュニケーション、視覚化などのさまざまな分野をカバーする、厳選されたアプリとツールのコレクションです。既製のアプリを選ぶのは簡単です。また、特定のニーズに合わせてアプリをカスタマイズするために作成者に連絡することもできます。

VIVE Businessトレーニングは、あらゆる規模のトレーニングセッションをサポートするのに最適です。トレーニングリーダーは、Androidデバイスを介して各受講生の進捗状況を観察し、必要な次のステップを指示し、クラスの人数が数百人であっても、受講生に話しかけることができます。 VIVE Businessストリーミングは、ケーブルを介したVIVE Focus 3のPCへの接続をサポートしており、将来的には完全なワイヤレスストリーミングのサポートも予定されています。 VIVE Businessは、将来的に追加される新しいツールと機能を確認し、継続的に更新される強力なビジネスソリューションパッケージを提供します。

VIVEは、ビジネスのニーズにより、VIVE Businessサービスを利用するか、VIVE Focus 3を購入し既存のセットアップに統合するかを選択できます。定期的な料金は発生せず、ハードウェアを自由に使用できます。

■ 製品詳細WEB: https://enterprise.vive.com/jp/
■ 法人向けサービスに関するお問い合わせ Eメール: APAC_VIVE_Enterprise@htc.com

  • VIVE Sync

VIVE Syncを使用して、リアルに近いアバターとVR内で出会い、ビジネスについて話し合ったり、プレゼンテーションを主催したり、3Dモデルを調べたり、クラスで教えたりすることができます。もともと製品設計のコラボレーションをサポートするための内部コミュニケーションツールとして構築されたVIVE Syncは、2020年6月にベータ版でリリースされました。現在、世界のほぼ100か国で使用されているVIVE Syncは、LiteバージョンとEnterpriseバージョンがリリースされ、さまざまな環境、ツール、およびインタラクションの方法を提供します。Microsoft Power Pointプレゼンテーションから3D形式まで、日常ご利用のファイルをVRに取り込みます。 VIVE Syncは、最大30人のグループに最適です。VIVE Syncは、大規模なグループの場合や様々なシーンにそれぞれ最適化されたツール群であるVIVE SUITEの一員です。詳細に関しては、下記製品詳細WEBをご確認頂くか、法人向けお問い合わEメール宛てにご連絡下さい。

■ 法人向けサービスに関するお問い合わせ Eメール: APAC_VIVE_Enterprise@htc.com

  • HTC VIVE®について

HTC VIVE®は、企業や消費者に真の VR 体験を生み出す最高の VRプラットフォームとエコシステムです。VIVEエコシステムは、プレミアムVRハードウェア、ソフトウェア、コンテンツを中心に構築されています。VIVEビジネスには、クラス最高のXR ハードウェア、VIVEPORTプラットフォーム、アプリストアを含みます。ビジネス顧客向けのVIVEエンタープライズソリューション、VIVE X:$100Mのビジネスアクセラレータ、VIVE STUDIOS、エンターテイメント、ゲーム、エンタープライズコンテンツスタジオ、そして文化的なイニシアティブであるVIVE ARTSなどがあります。VIVEの詳細については、https://www.vive.com/jp/ をご覧くだい。

最新情報はHTC VIVE JAPANのSNSをフォロー
【VIVE Japan Twitter】https://twitter.com/htcvivejapan
【VIVE Japan Facebook】https://www.facebook.com/vivejapan/

  • VIVE正規販売店一覧及びECリンク

正規販売店一覧には、展示されているVIVEシリーズのモデルも記載しています。デモをご要望の場合は、各販売店にお問い合わせください。
URL: https://www.vive.com/jp/storelocations/ 

  • 製品・サービスについてのお問い合わせ

HTC NIPPON株式会社
⽉曜⽇〜⾦曜⽇ 10:00〜19:00
コールセンター ​0800-000-0117 ( ⽇本語 )
Eメール・ライブチャットでのお問い合わせ https://www.vive.com/jp/support/contactus/

※HTCとHTCロゴはHTC Corporationの登録商標です。
※QualcommおよびSnapdragonは、Qualcomm Incorporatedの商標または登録商標です。Qualcomm Snapdragonは、Qualcomm Technologies、Inc. および/またはその子会社の製品です。
※その他の社名および商品名は、それぞれ各社の登録商標または商標です。
※ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

投稿日:2021年5月12日
カテゴリー:BLOG タグ:  VR