Unity、Pixyz Software社の買収を発表

リアルタイム3Dプラットフォームで世界をリードするユニティ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社(以下、当社)は、親会社のUnityが、大規模なCAD、メッシュ、および点群モデルなどの3D データの取り込みと最適化のためのソフトウェアプロバイダーとして業界トップを走る Pixyz Software 社を買収したことを発表しました。

様々な業界において、世界中でリアルタイム 3D が採用され、設計作業におけるコラボレーションの促進、没入型トレーニング環境の開発、インタラクティブなマーケティング体験の創出などが行われている中、自動車、家電製品、建築物、そして多くの工業製品の製造には、非常に複雑なデータを使用する必要がありますが、これらの設計・技術情報をリアルタイム開発で使用するための準備や取り込みプロセスは非常に難しいものです。

そのような状況に対処するため、2018 年に Unity と PiXYZ Software は提携関係を結び、Unity でリアルタイムの体験を生み出すために CAD アセンブリ、メッシュや点群など、3D データの取り込みと最適化を簡単に行える環境を提供してきました。

Pixyz の製品ポートフォリオ(Pixyz Plugin、Pixyz Studio、Pixyz Scenario Processor など)は、業界最高クラスの製品であると広く評価されており、様々な業界の市場リーダーから信頼されています。Pixyz は、Autodesk Alias、AutoCAD、Inventor、VRED、CATIA、SOLIDWORKS、Creo、Siemens NX などの一般的な 3D ソフトウェアツールのフォーマットを含む、35 以上の 3D ファイルフォーマットをサポートしています。

今回の買収は、Pixyz 社が提供するワールドクラスのデータ準備・取り込みツールが、正式に Unity の製品エコシステムの一部になることを意味します。ゲーム業界の既存および潜在的な顧客に対して、Pixyz は、Unity に統合された完全なワークフローで LOD ソリューションを構築し、アセット生成とランタイムへの統合の管理を容易にします。

Pixyz 製品は従来通り、個別のサブスクリプションが必要となりますが、その価格は従来通りで、Pixyz および Unity の販売代理店やウェブサイトを通じて購入することができます。

中長期的には、Unity は Pixyz の優秀なチームと協力して、より多くの顧客ニーズにきめ細やかに応えることのできるソリューションを提供していく予定です。エディターに統合され、他の Unity データプラットフォームを備えたワークフローが、ゲーム業界や産業分野の個別のニーズを満たし、大量の自動処理を行うために Pixyz を利用する新しい方法を提供することが期待されます。

Pixyz の詳細については、以下をご覧ください。
https://unity.com/ja/products/pixyz

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社について
ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社は、リアルタイム3D(RT3D)コンテンツを制作・運用するための世界的にリードするプラットフォームである「Unity」の日本国内における販売、サポート、コミュニティ活動、研究開発、教育支援を行っています。ゲーム開発者からアーティスト、建築家、自動車デザイナー、映画製作者など、さまざまなクリエイターがUnityを使い想像力を発揮しています。Unityのプラットフォームは、携帯電話、タブレット、PC、コンソールゲーム機、VR・ARデバイス向けのインタラクティブなリアルタイム2Dおよび3Dコンテンツを作成、実行、収益化するための包括的なソフトウェアソリューションを提供しています。1,800人以上在籍するUnityのR&Dチームは、外部パートナーと協力して最新リリースやプラットフォームのために最適化されたサポートを保証することで、Unityをコンテンツ制作の最先端であるようにし続けています。Unityのクリエイターが開発したアプリは、2020年で月50億回以上ダウンロードされました。

※Unityおよび関連の製品名はUnity Technologiesまたはその子会社の商標です。

投稿日:2021年7月8日
カテゴリー:BLOG タグ:  Unity