ゲーム市場、2021年から2026年にかけて9.50%のCAGRで成長見込み

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ゲーム市場:世界の業界動向・シェア・市場規模・成長・機会・予測 (2021~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を7月15日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/imarc988317-gaming-market-global-industry-trends-share-size.html

市場の概要
ゲームとは、ビデオゲームや電子ゲームとも呼ばれ、一定のルールに基づいてプレイされるコンピュータアプリケーションのことです。ゲームには精神的・肉体的な刺激が含まれており、プレイヤーや観客に娯楽やリラクゼーションを提供します。ゲームは、子どもたちのライフスキル向上に役立つ強力なツールであり、教育者が教室での授業を補完する方法を模索する際にも役立ちます。ゲーム分野は、高度なグラフィックエンジンやIT技術の登場により、革命的な変化を遂げてきました。ゲーム市場は2020年に1,679億米ドルの規模に達しています。

市場の動向
携帯電話の普及が進み、インターネット上でゲームが簡単に入手できるようになったことに加え、ハードウェアとソフトウェアの両方のイノベーションが世界のゲーム市場の成長に好影響を与えると予想されます。また、無料で遊べるビジネスモデルを提供するモバイルゲームやブラウザゲームの導入が進んでいることも、ゲーム市場に影響を与えている傾向の一つです。さらに、プロ・アマを問わず多人数でゲームを競い合う「eスポーツ」の人気が高まっていることも、ゲーム市場の成長を加速させています。ゲーム市場を促進するその他の要因としては、ゲームの力強さ、戦略、アクション、シミュレーションなどの様々なジャンルの利用可能性、物理的なゲームからオンラインゲームへの移行などが挙げられます。今後、2021年から2026年にかけて、ゲーム市場は9.50%のCAGRで成長すると予測されています。

主要な市場区分
世界のゲーム市場は、デバイスタイプ別、プラットフォーム別、収益タイプ別、タイプ別、年齢層別、地域別に分類されています。

デバイスタイプ別の内訳
世界のゲーム市場は、デバイスタイプ別に、コンソール、モバイル・タブレット、コンピュータに分類されています。

プラットフォーム別の内訳
世界のゲーム市場は、プラットフォーム別に、オンラインとオフラインに分けられます。現在は、オフラインが大きなシェアを占めています。

収益タイプ別の内訳
世界のゲーム市場は、収益タイプ別に、ゲーム内課金、ゲーム課金、広告に分類されています。

タイプ別の内訳
タイプ別では、アドベンチャー/ロールプレイングゲーム、パズル、ソーシャルゲーム、ストラテジー、シミュレーション、その他に分類されています。

年齢層別の内訳
年齢層別では、大人と子供に分けられます。現在、世界のゲーム市場では成人向けゲームが主流となっています。

地域別の市場区分
地域別では、アジア太平洋地域が最大の市場シェアを占めています。その他の主な地域は、北米、欧州、中東・アフリカ、ラテンアメリカです。

市場の競合状況
世界のゲーム市場における主要な企業としては、Tencent Holdings Limited、ソニー株式会社、マイクロソフト株式会社、Apple Inc.、Activision Blizzard, Inc.、Google LLC、NetEase Inc.、Electronic Arts Inc.、任天堂株式会社、株式会社バンダイナムコホールディングスなどが挙げられます。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/imarc988317-gaming-market-global-industry-trends-share-size.html

投稿日:2021年7月16日
カテゴリー:BLOG タグ:  市場調査