ネクソン、1億ドル相当のビットコインを購入

バーチャルワールドの制作及び運用を行う株式会社ネクソン(本社:東京都港区、代表取締役社長:Owen Mahoney/オーウェン・マホニー、東証:3659、以下 ネクソン)は、1億ドル(111億円)相当のビットコインを購入したことをお知らせいたします。

 

手数料及び経費を含め、1ビットコイン当たり平均取得価額約58,226ドル(6,446,183円)で、1,717ビットコインを購入いたしました。この金額は、ネクソンが保有する米ドル、韓国ウォン、日本円を含む現金及び現金同等物[1]の2%未満にあたります。

当社の代表取締役社長であるオーウェン・マホニーは、次のように述べています。

「今回のビットコイン購入は、株主の利益を守り、そして当社が保有する現金の購買力を維持するための戦略を反映するものです。現在の経済環境下において、ビットコインは流動性の高い長期的な安定資産であり、将来の投資における現金の価値を維持するものだと考えています。」

[1] 2020年12月末時点における現金及び現金同等物
 

1994 年に創業したネクソン(本社所在地:東京都港区)は、オンラインゲームの制作・開発、配信を手掛ける会社です。2011 年 12 月に東京証券取引所第一部へ上場し、2015 年に JPX 日経インデックス400、2017 年には日経株価指数 300 の構成銘柄に採用されました。また、2020 年には日経平均株価を構成する 225 銘柄にも採用されました。現在では、代表的なシリーズ作である『メイプルストーリー』、『カートライダー』、『アラド戦記』をはじめとする 50 を超えるゲームを、モバイル端末など様々なプラットフォーム向けに 190 を超える国と地域でサービス展開しています。

投稿日:2021年4月28日
カテゴリー:BLOG タグ:  ビットコイン